片品村ホストタウン認定合意書署名式

2019/11/22
11月21日、群馬県片品村をホンジュラスのホストタウンと認定するための合意書の署名式が行われ、福田大使、セラト外務次官、ベルガンサ・ホンジュラス・オリンピック委員会書記長が出席しました。
 
ホストタウンは、2020年東京オリ・パラを契機として、地方自治体と諸外国の交流を活性化し、その後の長期的な友好関係の発展を目的とする日本政府のイニシアティブです。本合意書の署名後、片品村はホンジュラス・オリンピック委員会及びホンジュラスと交流を推進していきます。
 
片品村は、自然豊かな尾瀬の麓に位置し、温泉やスキーを中心とした観光が盛んです。ホストタウンの取り組みを通じ、ホンジュラス人と日本人の文化交流が促進され、両国の友好関係及び相互理解の更なる発展が期待されます。
 
記念撮影 合意書署名
式典の様子